バイクショップ そのだ:

ホーム > バイクインプレッション > キャノンデールCAAD8限定フレーム販売

キャノンデールCAAD8限定フレーム販売

cannondale_caad8_cl_frame.jpg

私もキャノンデールのCAAD2というフレームに乗っていますが
本当にキャノンデールに乗って、
すごいやつだと実感しています。

今回はCAAD8をご紹介します。

キャノンデールの場合

フレームを呼ぶときにCAADという呼び方をします。
これは『クラス』というより『カテゴリー』と呼んだほうがいいのかもしれません。

このCAAD8ですが、
6061 T6(アルミの種類 注釈参照)という素材を
巧みに加工しています。

“シートステイ”(後輪を支える斜めのパイプ)に
砂時計のような“くびれ”をだして
地面からの強烈な力をおさえ、
その力に耐えられるように作られています。

強くて
乗りやすい
と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

さらに
軽さについては
まさに『軽い』の一言です。

560mmで1260gという
驚異的な軽さを実現しています。

軽くて強いというのは矛盾していますが、
その秘密が
“ダウンチューブ”(前の三角形の斜め部分)に見られる
キャノンデール独自のパイプ加工です。

パイプの太い所の厚さを薄く、
細い所を厚くすることによって
『強い』=『軽い』 となります。

CAAD9だから良くてCAAD8は古いという人もいるかもしれません。
しかし、自転車の感覚とは、人間の感性の問題で、
新しいからすべて良しばかりはいえないでしょう。

もちろん
CAAD9もいい自転車ですが
ここではCAAD8だけを紹介します。

また、機会がありましたらCAAD9のほうもご紹介しましょう。

*注 Al-Mg-Si系合金(6000系アルミニウム合金)
この合金系は、強度、耐食性とも良好で構造用材として多用されています。構造用鋼材に相当する耐力を有する6061合金など多くの種類があります。

*注 T6 焼き入れ後、冷間加工したもの焼き戻し処理を行ったものです。冷間加工を行うことなく優れた強度が得られます。

2007年01月05日

メニュー


dealers_icon_gsi.jpg
ジャイアントストアインサイドとは、主にジャイアント製品を取扱い、お客様に高水準のサービスをご提供する自転車専門店です。
  • DEKOのブログ
team_keep_left_image3.jpg
  • 出演中のPodcast番組

    インターネットラジオ局”くりらじ”の日本初の自転車専門Podcast番組にて毎週自転車の事について喋っています!!。是非聴いてください。

    イベント・予定