バイクショップ そのだ:

ホーム > バイクインプレッション > CANNONDALE スーパーシックス のご紹介

CANNONDALE スーパーシックス のご紹介

CANNONDALE SUPER-SIX

ダニーロ・ディルーカ選手が個人総合優勝を果たしたジロ・デ・イタリアでも
リクイガスチームのヴィンチェンツォ・ニバリ選手とフランコ・ペリゾッティ選手が
プロトタイプで参戦し好成績を残しております。
また、ニバリ選手はジロの一週間前にジロ・デ・トスカーナでスーパーシックスに乗り
優勝しております。熱狂的なファンの間では既に噂になっていた話題のバイクです。


SuperSix_teamreprica.jpg

驚くことは 560mmフレームサイズの重量が1040g。

さらにエンドまでがカーボン。

チェンステーやシートステイが極限まで削られ、細身になっています。

SuperSix_bb.jpg

ジロのペリゾティーの飛び出しがわかる気がします。

また、シッティングでの登りの軽さはプレスリリースの通りだとCANNONDALEジャパンは豪語しています。

システムシックスですら、このスーパーシックスのプロセスであったことは、一目瞭然です。

あらゆる意味での軽さがここにあります。


また、特筆すべきことは、クランクのテクノロジーも変わっています。

それが新型ホローテックです。

holoetech_carbon.jpg

従来のホローテックの73gの軽量化に成功しています。

従来型 162g
新型   138g

これは肉厚を11%アップし、更に剛性感を増すためにデザインを変更しました。

CANNONDALEシステムシックスが、UCIプロチームに供給されたことへの疑問点がこのスーパーシックスで解消されました。それは、やはりシステムシックスのリスクをこのスーパーシックスですべてカバーしていたのです。

すべてにおいて「革新的」であるCANNONDALEならではのテクノロジーといえるでしょう。

2007年06月15日

メニュー


dealers_icon_gsi.jpg
ジャイアントストアインサイドとは、主にジャイアント製品を取扱い、お客様に高水準のサービスをご提供する自転車専門店です。
  • DEKOのブログ
team_keep_left_image3.jpg
  • 出演中のPodcast番組

    インターネットラジオ局”くりらじ”の日本初の自転車専門Podcast番組にて毎週自転車の事について喋っています!!。是非聴いてください。

    イベント・予定